« 英雄の決断 | Main | 現場のチカラ »

アメリカ人は行列がお好き

297_5朝、義妹が作ってくれたゴハンをいただいてから、原稿書き&姪による臨時バレエ教室。昼、弟ファミリーの案内で自由の女神像があるリバティー島へ。10年前、あまりの観光客の多さにフェリーに乗るのを断念し、バッテリーパークから遠くにある女神像を眺めてすませてましたが、今回はフェリーをネット予約したので楽に渡航できました。確実に1時間以上は短縮できますのでお勧めします。島内のカフェでいかにもアメリカ的なサンドウィッチでランチをすませてから、いざ女神像の元へ。足元から見上げて、その存在感に圧倒されました。お国の象徴にしたくなる気持ちもわかります。その後、かつて移民局があったエリス島にも寄港。博物館内でマッシー・ムラカミの紹介記事をみつけたのですが、使われている写真はあきらかに野茂投手。いかにもアメリカらしいアバウトさ。でも、時期が時期だけに気づけよ!

313_2帰りのフェリー乗り場が大混雑だったので長時間待つことを覚悟していたのですが、単にアメリカ人がちょっとでも船内が混むと乗るのを諦めていることに気づき、さっさと乗り込むことに。なぜか行列を苦にしない方々なので、こういった場面では要注意です。夕方、ヤンキースのキャン待ちチケットが手に入らなかったので、隣の新球場をちょっとだけ視察。夜、弟宅まで戻り、某メジャーリーガーが通い詰めたという郊外の焼き肉屋Kで弟ファミリーと肉三昧。その後、ヤンキース戦をテレビ観戦しながら、ちょっとだけ原稿書き。今日も太平洋をくだらないアイディアが渡っていきました。明日もその予定です!

« 英雄の決断 | Main | 現場のチカラ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 英雄の決断 | Main | 現場のチカラ »